レストランウエディング

7・いつか来るチャンスのために
 
 「バカヤロー!こんなソースはフランス料理ではない。日本料理だ。何やってんだオマエは!」。
毎日のように、こんな罵声が私に襲いかかってくる。憧れのソース部に入って半年近く。来る日も来る日も先輩たちが作ったソースを漉したり、ブイヨン(だし汁)の下準備の用意などであっという間に単調な毎日が過ぎていった。しかし、私は若い料理人が嫌がるそんな仕事を、決して投げやりには扱わなかった。むしろ、自ら率先してその作業を真剣に繰り返していった。そして、いつしかブイヨンの香りや色、つや、野菜の煮上がり具合、骨の砕け方を見極めて、ソースの状態が分かるようになり始めていた。
 実力のある者が上に立つ。年上であろうと、仕事の出来ない者はぞんざいに扱われ、いつまでも良いポストにつけない。それがフランスの料理界だ。年功序列を重んじる日本社会に納得のいかない気持ちもあって渡仏した私だったが、想像以上に凄まじい実力主義の現状に、最初は、ただただ圧倒されるばかりだった。
 これは、どんな職業についても言えることだが、毎日同じ仕事をただ漫然と繰り返しているだけでは、進歩や成果が得られないままに、月日は過ぎていく。しかし、自分の実力を発揮し、他人よりも少しでも秀でたいという思いがあれば、積極性を持って仕事に取り組む姿勢が何よりも必要だ。しかも、それが好きな仕事であれば、多少の困難をものともせず、情熱を傾けることができる。まさに、私はそういう状況の中にいた。        
 私は、この下積み期間が、ある日突然やって来るかも知れないチャンスに応えるための準備訓練だと自分自身に言い聞かせていた。チャンスを与えられた時に、自分がどれ程のレベルの人間でいるかによって、その人の将来は大きく左右される。せっかくチャンスを与えられとしても、それを的確に判断し、行動できるレベルの人間に成長していなければ、チャンスはおのずと遠ざかってしまうだろう。人の人生を変えてしまうほどのビッグチャンスは、誰にでも一生の内に1度や2度は必ず訪れるものだと思う。私は渡仏して以来、いつ来るか分からないそのチャンスの到来を待ちながら、屈辱に耐えて「負けるもんか!」と必死に頑張ってきた。

6・飛躍か挫折か?

 

 ナントのホテル「フランテル」を皮切りにスタートした料理人としての私の修行人生。フランス料理界で腕を磨き名を高めていくためには、料理長の推薦を得て、2~3年ごとに働き先を変え、修行を積むのが普通である。

渡仏から5年後、私に大きなチャンスが巡ってきた。1979年度のフランス国家最優秀料理人、フランシス・トワソリエ氏に師事できることになったのだ。しかし、「料理界の暴れん坊」との異名を持つ彼の下では、決して失敗は許されない。

 「やめた方がいい」。30代後半でフランス料理人として最高の栄誉を手にしたトワソリエ氏に師事することになった私に、先輩の多くは反対した。が、私に迷いはなかった。渡仏以来、氏の噂はあちらこちらで耳にしていたが、実際どんな人物なのかは師事してみないと分からない。私は、チャンスが巡ってきたと思っていた。飛躍か、挫折か。私の料理人生の賭の扉が、今まさに開こうとしていた。

 そして迎えた初出勤の日。緊張感に包まれたまま、朝、8時15分にホテル到着。案内された4階のキッチンでは、既に若い料理人が仕事をしていた。「ボンジュール、ムッシュ」。笑顔で挨拶され、緊張が少し溶けた思いだった。しばらくすると、副料理長のアラン・ブリュネル氏が出勤してきた。「セガワさんですね、お話は聞いております」。ちなみに、彼は、後にエリザベス女王御用達のレストラン「ウストー・ド・ヴォーマニエール」の総料理長に抜擢されることになる人物である。それから1時間半程して、ようやくトワソリエ氏が姿を見せた。「なんて鋭い眼光なのだろう・・」。これが氏に対する第一印象だった。年齢の割に多い白髪が、迫力を増大させている。フランス人としては決して体が大きい方ではないが、全身からみなぎる強烈なパワーに私は圧倒されそうだった。

 私の配属先は、「ギャル・ド・マンジェ(コールセクション)」。ここは、肉・魚・野菜などの下処理や全てのオードヴルを調理する部署だ。仕事量が一番多く、毎日の仕込みに追われるが、それだけに学ぶこともたくさんある。スタッフは10名。指揮をとるのは、やがて私の大親友となるマリオ・ヴィーノ氏。彼は、後にリオン市にあるプロのための真空調理専門学校でジョージュ・プラリュー氏の右腕となり、世界に真空調理法を広めた立役者の一人になった。

 初日のサービスが始まった。ワクワクしながら、ギャルソン(ボーイ)からのオーダーを待つ。オーダーの読み上げと、料理を出す前の最終チェックは、副料理長の担当だ。彼の一声で各部署が一斉に動きだした。先程まで静寂を装っていたキッチンも、料理人たちの熱気と活気に満ちあふれ、戦場のような凄まじさだ。トワソリエ氏の下に志願してきたスタッフたちは、フランス各地の名のあるホテルやレストランで修行してきた強者ばかりである。どんな部署にいようと、皆、真剣なまなざしで一皿一皿に情熱と誇りを込めて自分の仕事に取り組んでいる。これが、プロフェッショナルなプライドなのか。私は、改めてフランス料理の奥深い伝統と歴史を感じた。

 ここで、私はプロの料理人の本当の厳しさを初めて知ることになった。パーフェクトを追求する気迫の人トワソリエ氏に師事しながら、スキあらば自分をアピールして上を狙おうという、覇気に満ちた料理人たち。同僚に同情している余裕など微塵もない。蹴落とすか蹴落とされるか。蹴落とされた者は、自分の力で這い上がるしかない。そんな様子を目の当たりにして、私は気を引き締めていった。まさに、ここは選ばれたプロたちが一流の味を追求し、一流のサービスをお客様に提供する場なのである。

 そして、3か月後、私はソース部へ大抜擢された。ソース部は、すべての料理を調理し、ソースを仕上げていく重要なセクションで、いわば、キッチンの花形。誰もがここで働くことを夢見ながら、日々努力しているのである。もちろん私も例外ではなく、大抜擢に天にも上る気持ちだった。その喜びようは、傍目からみても相当なものだっただろう。しかし、ここからが私の本当の意味での試練の幕開けだった。

5・仏語の猛勉強
                                                           
 トーマス一家が私のために開いてくれたお別れパーティ。私は結局観光ビザで滞在できる3か月をトーマス家で過ごしたのだが、この間に知り合った人達が大勢集まってくれた。その気持ちは、私の心に染み入るようにうれしかったが、どんな慰めの言葉もその時の私には虚しく聞こえた。そんな中、「パパなら、滞在許可証をなんとかできるかもしれないわ」。一人のレディが私に声を掛けた。しかし、これまでトーマス夫妻をはじめ、多くの人が私の滞在許可証取得のために尽力してくれたが、良い返事は得られなかったのだ。せっかくの彼女の言葉にも期待が持てず、私はただ、漠然とうなずくだけだった。
 それから3日後、帰国の準備をすっかり整えた私のもとに、ナントの市役所から突然電話が入った。電話に出たマダム・トーマスの口から「カルト・ドゥ・セジュール(滞在許可証)」の言葉が!マダムの声が次第に大きくなり、顔が紅潮してくるのが分かる。潤んだ目で電話を終えたマダムは「良かった、良かった」とまるで自分の息子のように私を抱きしめてくれた。土壇場の逆転勝利だ。 
 劇的に滞在許可証を取得することができた私は、トーマス夫妻の奔走によって、ナントの四つ星ホテル「フランテル」に就職することになった。運命的な出会いをいくつも重ねて、ついに料理人としての第一歩を踏み出し、夢の階段を上り始めるのだ。私は有頂天になっていた。「フランテル」で料理の総指揮をとっていたのは、後にレストラン「ポール・ボーキューズ」の料理長となる、ムッシュ・ジャン・ルーという名のフランス人。「フランス国家最優秀料理人賞(M.O.F)」を受賞している素晴らしいグランシェフだ。
 待ちに待った初出勤の日。高鳴る胸を抑えてホテルの門をくぐった。「ボンジュール、君が日本からフランス料理を学びに来た、セガワさんですか」とジャン・ルー氏は右手を差し出しながら言った。とても優しいジェントルマンだ。私は、ほっとした。私はオードヴル・サラダ部へ配属された。何もかもが珍しく、野菜を洗ったり、ちぎったりする単調な作業の繰り返しも、全く苦にはならなかった。しかし、そんな楽しい日々は長くは続かなかった。2か月を過ぎたころから同僚の失敗を私の責任にされるようなことが度々起きるようになったのだ。悔しいけれど、私は反論できるほどの語学力がなく、自分の言いたいことを相手に伝えることができなかった。
 屈辱的な日々に、眠れぬ夜。仕事を終え、アパートに帰ると、たまらない孤独感と絶望感に襲われた。そんな日がどれ程続いただろう。しかし、落ち込むだけ落ち込んだら、今度は、持ち前の負けん気が戻ってきた。「このままでは、だめだ」。そのころから、私は死に物狂いでフランス語の猛勉強を始めた。腰に赤と黒のマジックペンを下げ、聞いた言葉を書いていくことにした。しかし、厨房の中では手を止めてメモをとることができない。そこで冷蔵・冷凍室の整理を率先して引き受けるようにし、食材が入った段ボール箱に、耳にしたフランス語を片っ端からカタカナで書き留めていった。仕事が終わると、それをノートに書き写して家で意味を調べる。スペルが正確ではないので、一晩中かけても分からない言葉も多かった。ホテルの同僚に聞くと馬鹿にされるのは目に見えている。私は、メモを持って行きつけのカフェに行き、そこのギャルソン(ボーイ)にスペルや言葉の意味を教えてもらった。
 必死で言葉と格闘する毎日を半年余り続けただろうか。この間の私は、料理よりもフランス語の修得に力を注いでいたように思う。しかし、その甲斐があって、少しずつ言いたいことがフランス語で話せるようになり、かつてのようなトラブルもなくなった。この経験から、言葉というのは生活に必然性がなければなかなか覚えられないことを実感した。ここでは、人に頼ることはできない。何事も自分自身で解決していかねばならないことを肝に命じた。
 ある日、料理長が冷凍室の段ボールに書かれた文字を見て、私がここで勉強していたことを知り、私の努力を認めてくれた。それからが私の本当の料理修行のスタートだった。とにかく一流になるためには、人の何倍も努力するぞと、神経を張りつめて仕事に立ち向かった。
4・親切と屈辱と 
 
「よく来たね」。私を迎えてくれたのは、ムッシュ・トーマスの笑顔と大きな手だった。まるで旧知の友人を迎えるかのような、さり気なさ。差し出されたその手の温もりは、今も忘れることができない。日本を発ってから始めて経験した人の心の暖かさ。私は感激で胸が震える思いだった。張りつめていた糸がゆるみ、涙ぐみそうになった。 
その日出された夕食は、23年たった今も鮮明に覚えている。トマトとキュウリ、セロリをベースにしたパセリ風味の冷たいポタージュ。メインはロースハムにマカロニのバター炒め。そしてサラダとチーズ。フランス料理は豪華できらびやかなものばかりだと思っていた私は、フランスの家庭料理がとても質素だったことに驚いてしまった。このことが分かっただけでも、フランスに来て良かった、自分の選択は間違っていなかったのだと確信し、一人安堵した。記念すべきフランスでの初日は、こうして更けていったが、興奮していた私は、ベッドに入ってからもなかなか寝つくことができなかった。 翌朝、ムッシュ・トーマスは、「フランス料理を学びに来たのなら、ぜひ行こう」と郊外で開かれている市場に連れていってくれた。そこには、私が持っていた市場のイメージを根本から覆すような、目を見張る光景が広がっていた。半身になった骨つきの牛、皮をはいだウサギ、野鳥、切り分けられた豚、羊、子牛、何十種類ものチーズに、みずみずしい香りの野菜、果物、汐の香りがする新鮮な魚介類、そして、カフェで立ち飲みする商人たち・・・。そこには、あふれるような生命感がみなぎっていた。私は、「これが、フランス料理の原点なんだ!」
と、目の前の光景に、体が震えるような大きな感動を覚えた。心細さに泣きそうになりながらシャルル・ド・ゴール空港に降り立ってから2日目にして、フランス料理の原点に触れることができた自分。今こうしてこの地に立っている現実に、計り知れないほどの満足感を覚えた。と同時に、やる気が一気に高まり、翌日からはノートを片手に市場に出掛け、食材の種類、名前、値段、買い方など、あらゆることをメモしていった。 
こうして、1か月が過ぎた。その間、トーマス夫妻は、週末ごとにさまざまな人を夕食に招き、幅広く私を紹介してくれた。しかし、いつまでもトーマス家に居候をしている訳にもいかない。働き口を探さなくては、と私は焦り、仕事を探し始めた。でも、どこへいっても私を雇ってくれるところはなかった。それも、そのはず。外国人が働くためには、フランス政府が発行する滞在許可証と労働許可証が必要だったのである。無鉄砲に日本を飛び出して来た私は、観光ビザしか持っていなかった。 
今考えてみると、情熱ばかりが先走り、それを実現するための具体的な予備知識を全く持たないまま渡仏した自分の軽率さに、我ながらあきれてしまう。こんな大事なことも知らなかったなんて、トーマス夫妻にはとても言えない。とにかく、なんとかするしかないと自分を励ましていたものの、表情にも焦りが出ていたのだろう。トーマス夫妻は、私の状況を察知したかのように、滞在許可証(カルト・ド・セジュール)取得のために、色々な機関に問い合わせをし、奔走してくれた。が、当時、日本人に許可証が発行される可能性は極めて低かった。当時、ヨーロッパの伝統的な社会では、日本人はアジアからやって来た金持ちで文化度の低い人間だと見られていた。同じ人間なのに、自分という存在を認めてもらえない悔しさ。まるで自分をゴミのように扱うフランスという国を恨み、憤りを隠せなかった。 
市役所での屈辱的なやりとり。外国人の私に浴びせられる冷ややかな視線。フランス人でさえ職がないのに、日本人のお前にやすやすと滞在許可証や労働許可証を発行できるものかとでも言いたげな態度。ここはフランス。学生が簡単にアルバイトを見つけられる日本とは違うのだ。巨大な法律の壁が目の前に立ちはだかり、私の夢を破ろうとしている。「絶対に負けられない!」そう自分に言い聞かせ、気持ちを奮い立たせていたが、ついに、帰国の切符の予約を余儀なくされる日がきてしまった。「必ず、戻ってくるぞ!」。私はその言葉を全身全霊にたたきつけるように繰り返し、刻み込んた。

3・マダム・トーマスとの出会い

 

パリ、シャルル・ド・ゴール空港。私はついに憧れの地に降り立った。しかし、空は私の前途を予告するかのように、どんよりと厚い雲に覆われていた。

 そして、待っていたのは、最悪のスタートだ。私の荷物がいつまでたっても出て来ないのだ。私は必死で知っている限りの単語を並べて係員に問いただした。どうやら私の荷物は、別の空港に運ばれてしまったらしい。広い空港にポツンと一人で荷物を待ち続けた数時間。日本人はだれ一人としていない。言葉の通じない異国の空港での心細さを、何と表現したら良いのだろう。私は、とてつもなく困難な道を選んでしまったのではないのか。そんな思いが脳裏を駆け巡った。そして、最初に私を出迎えたこのハプニングが、これからのフランスでの苦難の日々を示唆しているように感じた。本当にこれで良かったのだろうか。余りの心細さに、心臓の鼓動が早くなった。何とか荷物を受け取り、モンパルナス駅行きのバスに乗り込んだ。見知らぬ世界へ向かって走るバスの中で、私の身体は、興奮と緊張で次第に熱くなっていった。

 モンパルナスに着いたころには、すでに日はとっぷりと暮れていた。とにかく今夜の宿を見つけなければと、観光案内書を片手にホテルを探した。しかし、不安に震える私を泊めてくれるホテルは全く見つからない。私は初日の宿さえ決めていなかった自分の無謀さに、自分自身であきれた。そして私の夢を馬鹿にした連中が「ほら、見たことか!」とあざけり笑っているかのように感じて、唇をかみ締めた。疲れ果て、途方に暮れてボンヤリと広場に佇んでいた私に、突然、大柄な60歳前後と思われる女性が話し掛けてきた。

 「ホテルを探しているの?夜になるとこの辺は物騒よ」。私はフランス語が分からないはずなのに、なぜか彼女の言葉が理解できた。私はすがる思いで、日本のホテルでアルバイトをしていたこと、そこでフランス料理に魅せられたこと、料理を学ぶために単身フランスへやって来たことなどを、身振り手振りで次々と彼女に伝えた。私は必死だった。フランス料理への思いを話すうち、不安も吹き飛んでいった。そうだ。私は、料理人になるために、ここに来たのだ。「あいつらを見返してやる!」と決意したあの日の強い思いが胸に込み上げてきた。話し終えた私の顔は硬直し、のどはカラカラ、足元はふらつき、立っているのがやっとだった。その女性は、柔らかそうな金髪を揺らし時々うなずきながら、最後まで話を聞いてくれた。どうやら、私のフランス料理に対する熱意が通じたらしい。この女性、マダム・トーマスこそ、後に私の料理人への貴重な第一歩を切り拓いてくれる大恩人となる人である。

 信じられないことに、その晩はマダムが自宅に招いてくれると言う。私は遠慮する余裕もなく、その好意に甘えることにした。マダムの家は、ブルターニュ地方最大の都市、ナントにある。とはいっても、人口24万5千人弱で、現在私が暮らす旭川よりも小さい町だ。モンパルナス駅から急行で3時間、TGV(世界最高速超特急列車)で2時間かかる。列車の窓から見えるのは、どこまでも続く牧草地だった。だんだん寂しくなっていく車窓の景色には、華やかな花の都のおもかげはなかった。

 マダムについて来たことを少し後悔し始めた時、列車はナントに到着した。駅前通りはひっそりとして、カフェの灯りだけが優しく光っていた。大通りに面したマダムの家に着いた時、時計の針は午後8時を大きく回っていた。

 
2・いよいよフランスへ
 
1974年9月。1年後には一旦帰国する約束で、ついに日本を発つ日がやってきた。その日のことは、今でも時折夢に見るほど鮮烈に覚えている。
羽田空港の出発ロビーにいる私は、フランス語は話せない、知り合いもコネもない、包丁の持ち方すら満足に知らない。フランスに着いてからの宿泊先さえ決めてはいなかった。持っているのは、ただただ花の都パリへのあふれるような憧れと、一流の料理人になるという無謀ともいえる情熱、そして、革のボストンバックに入った15万円だけだった。
出国手続きを終え、搭乗。機内のほぼ半数を外国人が占めていた。国際都市といわれる東京でも、一度にこれほど大勢の外国人を見たことがなかった私は、すでに異国の地にでもいるような錯覚に陥り、それだけで気持ちの高ぶりを抑えることができなかった。落ち着かない気持ちのまま、席に着いた。
さあ、いよいよ離陸だ! シートに身を沈めていた私は、飛行機が滑走路を離れた瞬間、突如として恐ろしいばかりの緊張感に襲われた。次第に小さくなっていく東京の街並み。もしかしたら、これが日本の見納めかも知れない。生まれ育ったこの国に、再び帰って来られるのだろうか。このまま単身フランスへ行って本当に良いのか。私はその時、自分が描いている夢が途方もなく大きいことに初めて気が付いた。体が小刻みに震え、身体中からどっと冷や汗が吹き出してきた。
 そんな私をよそに、まるで最後の挨拶をするかのように、機体はゆっくりと大きく旋回した。強い西日が空をオレンジ色に染めていたあの日。ここから私の料理人としての苦難の一歩が始まるのだが、まさに手に汗を握る程緊張していた私は、まだその道の厳しさを知るはずもなかった。
1・夢の始まり ~決意そして旅立ち~
 
「いまに見ていろ!俺の夢を馬鹿にしたやつらを絶対に見返してやる」・・・。胸の中に熱い思いがこみ上げてきた、あの日。あれから23年の歳月が流れたのだ。
私は今、自分のレストランの窓から、神楽岡の豊かな緑とプラタナス並木を見ながら、ふと、ここに至るまでの自分を感慨深く振り返った。
 私の実家は、北海道の深川市で大手の美容室を経営していた。私は両親の愛情を一杯に受け、何の不自由もなく、恵まれ過ぎる程の環境で育った。しかし、東京に強い憧れを持っていた私は、地元の中学を卒業すると、思い切って東京の高校に進学することを決めた。昭和40年当時は、北海道の地方都市から東京の大学へ進学する人は少なかった。ましてや東京の高校へ進学する子どもなど、私の周囲にはほとんどいなかった。そんな時代の中で私の両親は、一人息子の夢を聴き、上京することを許してくれたのだった。
 そして始まった東京での一人暮らし。自ら望んだ生活とはいえ、実家ではいつも大勢の従業員や家族と一緒だったので、日を追うにつれ大都会での一人暮らしは決して甘いものではないことを自覚した。当然のことだが、食事、洗濯、掃除など、生活に関わるすべてを自分でしなければならない。この不自由さに、15歳の私は戸惑った。そこへ、予想を超える寂しさと孤独感が追い打ちをかける。憧れだけではやっていけない孤独な都会の暮らしに耐えられず、情けない話だが、高校2年の時、故郷の高校へ転入したいと実家へ帰ったことがあった。そんな私に、母は、東京へ戻って高校生活を続けるように厳しく諭した。泣く泣く東京へ戻った私。今思うと、あの時故郷に帰ったままだったら、今の私はなかっただろう。あえて私の弱音を受け入れなかった母の厳しい愛情に、今では感謝している。東京に戻った私は、以後、どんなにつらいことがあっても、「負けるもんか」と歯を食いしばって、東京にしがみついた。そして、いつしか、何事も自らの意志で決断し、突き進んでいく強い精神力を身につけていった。今振り返れば、この高校での3年間が今日の私の原動力となり、人格形成の基礎を作ったのではないかと思う。
 「将来の歩む道」、それを決定づけるきっかけは、大学2年の春にやって来た。私は、一流ホテルでホールサービスのアルバイトを始めることになったのである。当時の東京都内のホテルは、今日のようにだれもが気軽に利用できる場所ではなく、外国人と、いわゆる上流階級の人々が集う憧れの空間だった。豪華客船にでも迷い込んだような優雅さがあり、きらびやかな雰囲気が漂う近寄りがたい別世界のようだった。 
ある日のこと、私はルームサービスで料理を運んだ。食べ終わった皿を片付けに伺った時、非常に喜んで「こんなにおいしい料理を食べられて、本当に嬉しい!」と満面に笑みをたたえながら私に言った言葉と、幸せそうなお客様の様子を見て、私自身の心に強く感じるものがあった。
料理が人間をこれほど喜ばせるものならば、単にホテルでサービスをするより、もっとお客様に直接感動を与える仕事をしたい。そう思ったことが、私が料理人を志した原点だった。常日頃、情熱をかけて取り組めることを、自分の一生の仕事にしたいと考えていた私は、どうせなるなら、一流と言われる料理人になりたいと思った。そして、いつしか、フランス料理の本場であるパリで自分のレストランを持ち、日本人の私が作るフランス料理をフランスの人に食べてもらうという夢を描くようになった。そして、修行するなら本場で、と素直な気持ちで考えていた私は、大学を卒業したらフランスで料理の修行をすることを心に決めていた。「フランスで様々な外国の人たちと生活しながら料理の勉強をし、幅広い教養を備えたインテリジェントなコックになる。そして自分の料理でお客様を感動させるんだ」。私は、コック帽をかぶった自分が、まだ見ぬパリの店に立つ姿を想像して、胸をときめかせた。
 大学2年の秋、料理人になると決めてから、友人たちにもそう宣言し続けた。しかし、だれ一人として私の話を本気にしてはくれなかった。それどころか、「何も大学まで出て、コックになることはないだろう。頭がおかしくなったんじゃないの」と笑って取り合おうとしなかった。当時は大卒の人間は多くが大企業のサラリーマンになる時代だった。料理人になるなど、まるで笑えるような話だったのかもしれない。しかし、私の中では、真に好きな事、情熱をかけられる事を一生の仕事として選びたいと思っていたので、いくら馬鹿にされても決心は揺るがなかった。そして、私の夢を馬鹿にした人たちを見返してやるぞと、決意をさらに強くしていった。
しかし、そんな私も、高校、大学と7年間も東京で勉強させてくれた両親に対しては、なかなか言いだすことができずにいた。結局、私が自分の意志を両親に告げたのは、大学4年になってからだった。夏休みに帰省した私は、できるだけ軽い口調で言った。「俺は家を継がないよ」。「ああ」。あっけない程、短い会話だった。しかし、それは決して投げやりの返事ではなく、自分の息子を信じる精一杯の親の気持ちだったのではないだろうか。嬉しかった。ありがたかった。でも、何故か素直に「ありがとう」という言葉が出てこなかった。その時の私は、嬉しい気持ちと、親に対する後ろめたい気持ちが交錯し、形容しがたい複雑な心境だった。
 
皆さんこんにちわ




ブランシュネージュではひな祭り限定ストロベリーロールケーキを販売致します




生地はフワフワ中には沢山のイチゴとカスタードクリーム




もう最高の組み合わせ




この機会にぜひ一度、お買い求めください




1個 ¥1200(サイズ16センチ)




ご予約受付中お問い合わせ先 0164-26-2880




ではでは

2010.02.06
雪まつり

みなさんこんにちわ




今日から深川市では冬のイベント”雪まつり”が開催されています




小さい頃はよく行ってたな~~~昔は人間ばんばとかやっていましたよね




でたことあります・・・




子供たちには最高のイベントでは




みなさん雪まつり会場へ行きましょう




お腹がすいたらブランシュネージュへ行きましょう




ではでは
みなさんこんにちわ




今月2月のブランシュネージュセットメニューがお得なんです




なんと無料でデザートをサービス




最高です




デザート内容は日によって変更有です




さ~~今日はどんなデザートが付いてくるか




乞うご期待




ではでは
みなさん、あけましておめでとうございます




今年もどうぞブランシュネージュを宜しくお願い致します




いや~~~あけましたね~~~




どんなお正月を迎えていますか




大体は、食べて・飲んで・寝ての繰り返しだとは思いますが・・・




でも今年は仕事始めが早い方が多いのでは




例年よりは体重の変化はなさそうな・・・そうでもないような・・・




ってな感じで今年も頑張ります宜しくお願い致します




ではでは

2009.12.29
お知らせ

皆さんこんにちわ




いよいよ今年のブランシュネージュ レストラン営業が本日のお昼をもちまして終了となります




皆様本当に一年間有難うございました




また来年もパワーアップアップで頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します




それでは皆様、よいお年を




ではでは

皆さんこんにちわ




サンタクロースはやって来ましたか




小さい頃、枕もとにサンタさんのプレゼントで赤い長靴の形したお菓子の詰め合わせを思い出します




すっごく嬉しくて、大事に持っていたな~~~




懐かしい~~~




皆さんはどんな思い出がありますか




今日がメインのクリスマス満喫してくださいね~~~




メリ~~クリスマス




ではでは

皆さんこんにちわ




いや~~~しかし、まだ降りますか・・・




クリスマスには最高ですかねこの演出




皆さんはクリスマスプレゼントの準備OKですか(サンタさんにお願いしましたかっと言う意味で)




ちなみに私はお願いしていません




皆さんにサンタさんからのプレゼントが届きますように・・・




ではでは
皆さんこんにちわ




ブランシュネージュではXmasや各種ご宴会用に




ローストビーフローストチキンを販売致します




期間は12月23日から28日までとさせて頂きます




予約制となっておりますので、使用日2日前までに御連絡下さい




沢山のご予約お待ちしています




いや~~今日は快晴だ~~~




ではでは
皆さんこんにちわ




ブランシュネージュクリスマスディナー開催




12月232425




メニューは

前菜
・うずらとフォアグラのバロティーヌ マグレ鴨スモーク仕立て トリュフの香り

スープ
オニオングラタンスープ

お魚料理
・オマール海老のフリカッセ カスべのほほ肉ロースト フランス産キノコソテーを添えて

お肉料理
・牛フィレ肉のポアレ ソースドバーズ
OR
・仔羊肉のロースト フォンドボーソース
OR
・鴨胸肉のポアレ 粒マスタードソース

の中から一品お選び下さい

デザート
・ショコラとクリムチーズのムース仕立て 季節のフルーツ添え

パン

コーヒー又は紅茶


フリードリンク込みで 8000円




予約制となっていますので沢山のご予約をお待ちしています

2009.11.29
N VS K

皆さんこんにちわ




本日はボクシングの試合がありますね~~~




結構な注目度があるのでしょうか・・・




皆さんはご覧になる予定ですか




ではでは

2009.11.28
にんじん

皆さんこんにちわ




今日は今年遅めに植えたニンジンの収穫をしました




えっこの時期にって本人も驚いております




ちゃんと出来上がっていましたよビックリ




ぜんぜん凍っていませんでした安心安心




ってなわけでお料理にもどんどんつかっていきま~~~す




ではでは

2009.11.27
雨?雪?

皆さんこんにちわ




いや~~~な天気ですね・・・




降りますかね~~~




冬の足音がだんだんと大きく聞こえはじめてきました




皆さんの冬の楽しみ方は何かありますか




私はひきこもります・・・冬眠です・・・




ではでは
皆さんこんにちわ




なかなかブログ更新できません・・・




時間が・・・




時間はつくらないとね




てなわけで、私ごとですが最近の休みは映画を観るか本を読むようにしています




”天使と悪魔”(ちょっと古いですが・・・)はダビンチコードの方がグー




ベタですが本は村上春樹さんを読んでいます1973のピンボールっていう本




皆さんはどんな休日をお過ごしでしょうか




ではでは
皆さんこんにちわ




なかなかブログを書けませんでした・・・すいません・・・




この間にも結婚式があり、沢山の幸せを頂きました




新郎新婦をはじめ、ご来店頂いたお客様に感謝の気持ちです




本当におめでとうございます&有難うございました




ではでは

2009.11.01
いやいや

皆さんこんにちわ




降りました・・・




別世界です




さすが北海道




ではでは

2009.10.28
三段重

皆さんこんにちわ




ブランシュネージュでは年末年始に向けて三段重をご用意いたします




この機会に是非一度、お試しください




ブランシュネージュオリジナル三段重


お料理内容
 一ノ重 世界三大珍味ロシア産キャビア 
      オマールエビの姿飾りサラダ仕立て 
      数の子のオリーブオイルマリネ
      プロバンス風くるま海老のクールヴィヨン蒸し 
      厳選タラバ蟹 
      ローストビーフタイムのエッセンスソースドバーズ 
      ノルウェー産スモークサーモン 
      トリュフのほのかな漂い 
      ホワイトアスパラと白ワインビネガーのハーモニー 
      フランスシャラン産バロティンドカナール 
      コートダジュール風シーフードサラダ              計11品  
 
二ノ重  ムッシュセガワの自家製フォアグラのテリーヌ 
      真鯛とグレープフルーツのタルタル風「パリジェンヌ」 
      海老 帆立貝柱 タラバ蟹のシーフードグラタン 
      イタリアパルマ産生ハムと深川産長芋のアンサンブル 
      エスカルゴとムール貝のブルゴーニュ風 
      フランス産マグレドカナール(鴨胸肉)のスモーク 
      黒豆の金粉飾りポクトーワインの香り 
      フランス田舎風豚の肩ローストマト煮込み 
      カマンベールチーズ                        計9品
 
三ノ重  フランボワーズのババロア「パープルシャドー」 
      洋ナシのムースバニラのグラッサージュ 
      クラシックガトーショコラ 
      かぼちゃとマロンのフラン 
      フォンダンオショコラ 
      イチゴのタクトレット 
      プティシュークリーム 
      キャラメルヌガーアーモンド 
      パレオショコラ 
      マカロン
                                           計9品
                  


                                                      三段重 二万五千円

ご予約お待ちしています。

2009.10.23

皆さんこんにちわ




なんだかお久しぶりな感じで・・・




今日のブランシュネージュはスパゲティーのご紹介




小エビと帆立のトマトソースパスタです






是非皆さんお試しください!!




素材の味が引き立っていますよ




ではでは

皆さんこんにちわ




収穫したカボチャです






さぁ~~~どんな料理に生まれ変わるのか・・・




ではでは

2009.10.07
近日・・・

皆さんこんにちわ



ブランシュネージュのメニューが近日変更となります




さてどんなメニュー改正になるのか・・・




楽しみにしててくださいね




ではでは
皆さんこんにちわ




温かいと思いきや、寒いです




ちょっと上着が欲しくなってきた今日この頃です・・・




季節の変わり目、皆さん風邪には気をつけましょうね




では今日もはりきってがんばりま~~~す




ではでは

2009.10.02

皆さんこんにちわ




ギフト用プリン&キャラメルはいかがですか




ブランシュネージュにてギフトパック販売予定です




新しい形になってぞくぞく登場しますよ




ではでは
皆さんこんにちわ




いよいよフレンチキャラメルが深川の道の駅に登場間近です




用途と致しましては、

① そのまま食べてもOK
② パンやアイスクリームにもマッチ
③ 調味料、隠し味にもお使い頂ける万能型




その他にもお客様自身で使い方をアレンジしてみても面白いと思います




オーナーシェフ 瀬川健一のフランスでの思いがぎっしり詰まっています




是非お試しください




ではでは

2009.09.30
cs

皆さんこんにちわ




csシリーズ決まりましたねそうです日本ハムです




おめでとうございます




ここ数年で日本ハムファン急上昇中の道産子




やはり嬉しいものですね地元球団があるということは




是非とも日本シリーズに出場し優勝してほしいものです




するんです




ではでは

2009.09.28
稲刈り・・・

皆さんこんにちわ




出勤の道中、周りを見渡すとまだまだ稲が残っています




少し遅れ気味なんでしょうかね・・・今年はあまり良い収穫が見込めないような話がちらほら




天候があまり良くなかったですもんね・・・




がんばってくださ~~~~い




ブランシュネージュは農家さんを応援しています




ではでは

2009.09.25
連休明け

皆さんこんにちわ




連休明けのお仕事は辛いと思いますがいかがお過ごしでしょうか




っと思っている間にまた週末がやってまいりました




う~~~~ん、羨ましい~~~




皆さんはどんな休みを過ごされたんですかね~~~




ブランシュネージュで楽しいひと時を過ごされた方もいらっしゃいますよね




他にも聞いてみたい




ではでは
皆さんこんにちわ




本日は連休最終日です




ブランシュネージュでのお食事はいかがですか




是非、ご来店ください




っと言っているあいでにもゾクゾク懐かしい顔ぶれが・・・




出動してきま――――す




ではでは
皆さんこんにちわ




シルバーウィークはいかがお過ごしですか




やはりこの大型連休は地方からのお客様が多い感じがします




旭川の時代からご来店いただいている懐かしい顔ぶれもチラホラ




本当に有難いです




大型連休も終盤にさしかかって参りました




まだご来店されていないお客様是非ブランシュネージュで楽しいひと時をお過ごしくださいませ




ではでは

2009.09.21
昨日は結婚式

皆さんこんにちわ




昨日ブランシュネージュでは結婚式が行われました




旦那様は終始笑顔が絶えず、凄く余裕のある表情でいきいきしていた印象をうけました




実は緊張してたかも・・・




奥様は一つ一つの状況、思いを噛み締めながら式を楽しんでくれていたように感じます




素敵なドレス姿は皆様にも是非見て頂きたい(私服姿も素敵でしょうね~~~




HPアップの許可をお願いしますね




本当に素敵なお二人、いつまでもお幸せに




ではでは




2009.09.17
ごぼう

皆さんこんにちわ




今日はいつもお世話になっている農家さんから”ごぼう”を頂きました






秋です




収穫です




クッキングです




ブランシュネージュです




ではでは







2009.09.16
スープカレー

皆さんこんにちわ




ブランシュネージュにスープカレーが登場致しました




画像はちょっとピントが合っていませんが・・・こんな感じです





ボリュームいっぱいのオリジナルチキンカレーを是非ご賞味下さい




ではでは
皆さんこんにちわ




一昨日はブランシュネージュで結婚式が行われました




すごく温かい結婚式で本当にお二人のお人柄が出ていた結婚式だと勝手に思っています




お話しする機会がありませんでしたが、新婦様は滝好きだとか・・・




私もです・・・あまり見たことがありませんが、お薦めスポットがあれば聞いてみたかった




新郎様は釣りが大好きと言う事で、ご友人の方から面白エピソードもルアー・オン・アイス




そして、お二人は食事をすごく楽しみにしていてくれたみたいです




お口に合いましたでしょうか・・・もちろん←(勝手に聞こえました)




素敵なご親族、ご友人に囲まれ新郎新婦はすごく楽しんでいたように映ります




これからもお二人仲良く素晴らしい人生を歩んで下さいね




いつまでもお幸せに




ではでは

2009.09.11
明日は・・・

皆さんこんにちわ




明日は結婚式のため、夜の営業はお休みさせて頂きます




ではでは
皆さんこんにちわ




いや~~~ほんと天気がコロコロ変わりますね~~~




一雨、一雨降るごとに寒くなっていくような気がします




さて食欲の秋でもあります




キッチンスタッフに新しいメニュー考えてもらお~~~っと




ではでは
皆さんこんにちわ




ブランシュネージュのフレンチキャラメルが深川市道の駅にて販売まじかかも




そのまま食べても良しお料理の隠し味に使っても良しパンにつけても良し




オールマイティーのプロの味をお試しください




もうすぐ店頭に並びますよ~~~




1個 ¥450円





ではでは














皆さんこんにちわ




昨日ブログに書いてて思ったんですが、秋です




突然なんだあたりまえじゃないって感じですが、改めて昨日の落葉キノコで感じてしまいました




皆さんの秋の過ごし方はどんな感じですか




やっぱり食欲の秋読書の秋




ま~~~のんびりいきますか




ではでは

2009.09.06
落葉きのこ

皆さんこんにちわ




今日は朝から落葉キノコを収穫してきました






2時間ほど行ってきました大・大・大お得意様のご指導のもと




さくさくと収穫っと言っても私はわずか10個程度で、大先輩はゴッソリ




この差はなんなんだと驚きつつ、ほとんどいただきました




朝から行動もなかなかいいもんですね~~~自然の空気をいっぱい吸い込みお仕事お仕事




ではでは

2009.09.05
まかない

皆さんこんにちわ




こういう飲食店で働いていると、賄い飯を食事休憩で食べる事が出来ます




キッチンスタッフに感謝




今回の賄い飯は皆さんが大好きなフライの盛り合わせ




海老はぷりっぷり←ちなみにカニ・・・




お肉はジューシー(しかもモーモービーフ)




写真はこんな感じ




しかもハンバーグまで付いちゃってます




さ~~今日はどんな賄い飯がでてくるか・・・ひそかに楽しみ




がんばって・・・コ二―




ではでは

2009.09.02
静岡県

皆さんこんにちわ




いよいよ全国展開をいたします




まずは静岡県の浜松の大手スーパーにてブランシュプリンキャラメルプリンキャラメルクリーム



販売致します




これをきっかけにまた頑張らなくっちゃ




ではでは

皆さんこんにちわ




とうとうやって来ました”選挙の日”




皆さんはもう投票してきましたか




今夜は選挙の話題ででもちきりでしょう




んでもって今日のお薦めは”ブルーベリーのタルトです




とつぜん選挙と全然関係ねぇ~~~~




ではでは

2009.08.29
出張~~~

皆さんこんにちわ




オーナーが出張で浜松へ行ってきました




そこでお土産です




定番うなぎパイ&ういろうです








やっぱりこれなんですよね~~~




うちのプリンも早く深川市の定番になるようにアピールしながら頑張ります




ではでは

2009.08.28
鯛安吉日

皆さんこんにちわ




昨日、お客様からお土産を頂きました




その名は”安吉日”




どんな物を想像しますか




正解は、鯛の形をしたどら焼きと言った方が解りやすいと思います




美味しく頂きました有難うございました




ではでは

2009.08.24
雪の美術館

皆さんこんにちわ 昨日は旭川市にある雪の美術館でブライダルフェアが開かれました









なぜブランシュネージュが雪の美術館




そーなんですなにが




雪の美術館での結婚式料理部門で参加させて頂いたのです




石川代表ありがとうございました




さ~~~これからもガンガン頑張りますよ~~~




ではでは

皆さんこんにちわ




今日、うちのスタッフが腰痛なんですやばいんです




午後から病院なんです




早く治るといいな~~~




腰は本当に辛いですもんね



ではでは

2009.08.19
お祭り

皆さんこんにちわ深川市では今日からお祭りです(あいにくの雨ですが・・・




深川のお祭りは何故か雨が多いような気がします・・・




残念




お盆休みあけで少しお疲れの皆様かとは思いますが




食欲の秋に向けて元気だしていきましょう(←無理やりのコメント)




ではでは

2009.08.13
突然の・・・

皆さんこんにちわ




突然の気温の変化にびっくりですね




風をひかないようにして下さい




ブランシュネージュはもちろんお盆も営業




是非ご来店ください




ではでは



2009.08.12
お盆

皆さんこんにちわ




お盆休みにはいりましたか




明日からかな




私は草刈りに出動してきます




ではでは

2009.08.09
夏休み

皆さんこんにちわ 今日のお題は”夏休み”


日本では主に夏休みとはお盆休みにあたりますね




ん~~~長くて5日間ぐらいですかね長すぎですか3日間ぐらいなのかな




このような職だとほとんど休みはありません・・・あっても2日間かな~~~




諸外国はどうなのでしょうか




日本とは違って、休みは普通にあるとは思いますが・・・(日本人働き過ぎの為)




フランスではサマーバケーションがあり、大体の人はお休みを沢山とるみたいです




2か月とか




どうなんでしょうね~~~(ちょっと羨ましい)




そんな事考えていてもしょうがないので、今日も一日楽しくいきましょうか




ではでは

2009.08.08
チョイス

皆さんこんにちわ




今日も天気がいいですね~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




海かな~~~




ブランシュネージュかな~~~




っと悩んだ時は、ブランシュネージュに行ってから海をお勧めします




ではでは

2009.08.07
野菜

皆さんこんにちわ




晴天ですね~~~北海道の短い夏を満喫してますか




この天気の良さで、植物たちは生き生きと育っています




でもニュースでやっていましたが、野菜の値段がグンと上がりそうですね




九州地方の突然の豪雨が原因みたいです・・・




天気だけはどうにもできません・・・




そんなピンチをチャンスに変えて、今日も一日頑張りマウスチュウ~チュゥ~~~




ではでは

2009.08.05

皆さんこんにちわ




昨日は料飲店組合ビールパーティーにご参加いただきまた、




ブランシュネージュの商品をお買い求めいただき有難うございます




本日のビールパーティー最終日もお待ちしております




ではでは

2009.08.03
4日.5日

皆さんこんにちわ




8月4,5日は料飲店組合のビールパーティーが富士屋(プラザ)さん駐車場にて行われます




ブランシュネージュ出店いたします




ブランシュプリン

                                     生キャラメルプリン
  

   白雪姫(ホワイトチョコのムース



              
                         ブランシュネージュ特製 ローストビーフ


イチゴのミルフィーユ




を販売




ご来店お待ちしています




ではでは

2009.08.02
白雪姫

皆さんこんにちわ




突然ですが、「ブランシュネージュとは白い雪という意味です




また「白雪姫」という意味にもなるんです




そこで新登場ホワイトチョコのムース「白雪姫」がデビュー




ホワイトチョコのムースの中にスポンジケーキ、底にはフランボワーズのソースをひいて




白の赤のコントラストがまた可愛い・・・




是非お試しください




ではでは

2009.08.01
tomato

皆さんこんにちわ




残念なことにtomatoの成長が遅いんです・・・(←ちなみにリンゴだと思います)




今年は全体的に実のつく物の成長が遅いみたいですね~~~




この後、ちゃんと成長してくれるのでしょうか・・・




心配・・・




しっかり見守りたいと思います




ではでは
皆さんこんにちわ




大好評のフレンチキャラメルプリンに引き続きブランシュネージュのフレンチキャラメルが




いよいよ商品化




フレンチキャラメルは、生キャラメルとは一味も二味も違う大人のキャラメル




お料理のお共にもお使い頂けます




販売までもう少しお待ちください

2009.07.30
草刈り

皆さんこんにちわ




今日はせっせこせっせこ草刈りをしていました(一人で




もちろんお店はお客様が来ているので他のスタッフはせっせこせっせこ




料理をつくり、はこびで大忙し




そんな中、私は草まみれ、土まみれ状態




終わってみれば、サロン(エプロン)Yシャツかなりまずい状態で



支配人に替えのYシャツをお借りする始末




草刈りをする時にはそれ用の衣類も用意しましょうって普通は用意しますよね




ではでは

2009.07.29
プリンの通販

皆さんこんにちわ




もうすぐプリンの通信販売を始めます




沢山のお客様のリクエストを頂きそのような運びとなりました。




もう少し日数がかかるとは思いますが、逸早く皆様のもとへお届けできるよう準備を進めます




お待ちくださいね




ではでは

2009.07.22

皆さんこんにちわ




こちらラングスティーヌです





このソースがたまらなくいいんです




フルコースでの登場でした(要予約)




是非一度お試しあれ




ではでは

2009.07.20
結婚式

皆さんこんにちわ
昨日はブランシュネージュにて結婚式が行われました





今までの結婚式とはまったく異なった、コンサート形式




新郎様はめちゃめちゃ歌がうまいんです楽器もいけちゃうんですバンドマンなんです




ご身内の皆様もうまいんです




教会での人前式のピアノ演奏&牧師さんパーティーでのライブ




感動でした




その音楽に酔いしれる新婦様感動でした




音を楽しみながらいつまでもお幸せに




ではでは

2009.07.17
営業時間

皆さんこんにちわ




7/19は結婚式の為、営業時間が変更となります




お昼の営業はお休み。夜の営業は18:30からとなっております。




ご了承ください。

2009.07.16
今日は・・・

皆さんこんにちわ




今日は音江中学校の生徒さんが体験学習に来ています




緊張気味の生徒さん




楽しんで下さいね~~~




ではでは

2009.07.12
結婚式

皆さんこんにちわ




昨日は結婚式が行われました幸せそうなお二人と、素敵なゲストさんたち




ピアノ演奏も行われ、とても素敵な時間共に過ごさせて頂いた事に感謝です




いつまでもお幸せに本当におめでとうございます




ではでは
PS




今日の収穫ですフランボワーズ&ベビーリーフ


2009.07.10
デザート

皆さんこんにちわ




今日はデザートをご紹介




今回ご紹介するのはこーふぃー風味のミルフィーユです









ミルフィーユのまわりに、果物達が集合しています




パイはサックサク、果物は甘酸っぱく、とても良いハーモニーです




あ~~食べたい・・・




ではでは

2009.07.09
オードブル

皆さんこんにちわ




昨日のオードブルは一味違いました




じゃじゃ~~~ん





マダイのタルタル仕立てラングスティーヌを添えて




どうですか




美味しそうでしょ~~~




美味しいんです




また新たなメニューが出来次第UPしますね次回はミルフィーユかな~~~




dewadewa

2009.07.06
結婚式

皆さんこんにちわ・・・




昨日はブランシュネージュで結婚式が行われました




お若い二人は幸せいっぱいの笑顔ご来賓の方々も暖かく素敵な結婚式となりました




なかでも、パーティー中のビンゴゲームでは皆様大盛り上がりでしたそして今回、




卓上に飾られたお花は新郎新婦のお知り合いが結婚式の為にコーディネート




お二人の素敵な結婚式の演出に花を添えていました(花だけに・・・




そんな素敵なお仲間にそして素敵な御身内に囲まれながら素敵な未来を満喫して下さいね




いつまでもお幸せに




ではでは

2009.07.04
明日は結婚式

皆さんこんにちわ




明日のお昼の営業は、結婚式の為お休みさせて頂きます




ご了承くださいませ




今日の朝もキュウリGET




ではでは
皆さんこんにちわ




ブランシュファーム収穫第一号は・・・じゃじゃ~~~んきゅうりくんです




どんどん育っています(←バナナは育てていません・・・)




ベビーリーフもイイ感じ




写真あっぷっぷしますね~~~




ではでは

2009.07.01
送別会

皆さんこんにちわ




6月28日にブランシュネージュを退職するかわいい二人の送別会がありました




楽しい雰囲気で、飲んで食べて騒ぎました




が、やはり別れは辛いもの・・・




本当に頑張ってくれた二人に心からのエールを送り続けたいと思います




本当に今まで有難うそしてこれからも楽しい人生を歩み続けて下さい




また会える日を楽しみに・・・




おつかれさま




ではでは

2009.06.29
ビシソワーズ

皆さんこんにちわ




暑い季節は、冷たいスープのビシソワーズが最高ですね~~~




ビシソワーズとはジャガイモを使った冷たいスープ




ブランシュネージュのオリジナルビシソワーズは、濃厚スープに仕上がっています




もう少しで店頭にお目見えすると思いますよ~~~




たのすィみ~~~




ではでは

PS
ブランシュファームのベビーリーフちゃん達が顔をのぞかせていますやっほいやっほい~

2009.06.27

皆さんこんにちわ




また新たに畑を耕しました深川市のいつもお世話になっている農家さんに




トラクターで土をおこしてもらい、アドバイスを頂きながらの種植え




あっというまにNEW畑が完成しました





いつも本当に有難うございます




でも実はこれからが本番しっかり目をかけて、愛情注いで成長させていきたいと思います




頑張ろうっと




ではでは

2009.06.26

皆さんこんにちわ




暑い日が続いていますね・・・こんな日は海でBBQって感じですかね~~~




ブランシュネージュのイベントの一つとして外でBBQっていう企画も面白いかも




考えてみます




皆さんは今年に入ってBBQを楽しんでますか




ビール片手に、美味しい料理、楽しい会話いいですよね~~~




ではでは



2009.06.24
昨日は激しく

皆さんこんにちわ




昨日の深川の天気はそうとう激しく変化していました




雷はゴロゴロ、雨はザーザー、時よりのぞかせる太陽・・・



ホント、凄かったです




あんな天気久しぶりだったんじゃないですかね~~~




今日は昨日とはうって変わって晴天(風は強いですが・・・)




やっぱりこうでなくっちゃ




さ~て、今日は畑部隊!耕してきま~~~す!




ではでは

2009.06.22
御神輿!

皆さんこんにちわ




今日でお祭りが終わってしまいますね~~~昨日はちょうど駅前に”御神輿”が通っていたので




しばし拝見




威勢の良い掛け声と、皆さんの楽しんでいる姿はなんともいえませんね




やっぱりお祭りはおもしろい




ではでは

2009.06.21
結婚式

皆さんこんにちわ




昨日は結婚式がブランシュネージュにて行われました




あたたかい結婚式となりましたのも、お二人の人柄が会場いっぱいに広がったからだと思います




いつまでもお幸せに




皆さんこんにちわ




深川市は今日からお祭りですどーか雨は降りませんように




さーて結婚式頑張るぞ~~~




ではでは

2009.06.18
土曜日

皆さんこんにちわ




今週の土曜日は結婚式の為、お昼の営業はお休みさせて頂ききます




ではでは

2009.06.14
結婚式

皆さんこんにちわ




昨日は結婚式がブランシュネージュで行われました




ちょっぴり緊張気味の新郎新婦お二人の周りには沢山のご友人とご親族に囲まれながら




和やかな雰囲気でパーティーが進んでいきました




お二人いつまでもお幸せに




実は新郎新婦さんは私と同じ年齢(私はかなり気合入ってました)




ではでは




皆さんこんにちわ




明日は結婚式が行われます幸せなお二人を最高のおもてなしで迎えられるよう




しっかり頑張ります




楽しみ楽しみ




ではでは
皆さんこんにちわ




昨日は陸上記録会のイベントに参加してきました




会場内にテントを張り、屋台感覚でお店を出店




ブランシュネージュのプリンを販売しました




もちろん完売




主催の方々、おつかれさまでした選手の皆さんお疲れ様でした




ではでは

2009.06.05
草刈り

皆さんこんにちわ




どんどんどんどん草がのびてきました




早くきれいにしなくては・・・




草と対決してきます




ではでは

2009.06.04
time to say goodbay

皆さんこんにちわ 今日は泣く子も黙るこの曲をご紹介




タイトルを見ると、結婚式には不釣り合いな印象を受けますが実は違うんです





この歌は元々イタリア人のテノール歌手アンドレア・ボチェッリの





『Con Te Partiro』という曲です。





英語で言えばI'll Go With You.という題名になり邦題も『君と旅立とう』という感じになります!





サラが歌う時、英語タイトル『Time To Say Goodbye』がつけられました。
有名なボクシング選手の引退試合の時に披露されたせいもあるかも知れません。
第二の人生の門出という意味で。





サラの歌もTime To Say Goodbyeって部分以外はイタリア語です。





『サラ・ブライトマン・クラシックス』に歌詞と対訳がついていてそれを読むと
「おとずれたこともない場所をこれからあなたと共に航海して行く





あなたは僕とともにいる、どこにもなくなった海をあなたと蘇らせよう、あなたと旅立とう」
という感じの前向きな恋愛の歌であり、新しいことをする意志表示の歌でもあります。





結婚式にも最適!!
Con Te Partiro




皆さんも聞いた事があるでしょう~~~、いい曲です




ではでは

皆さんこんにちわ




あったか結婚式をめざしているブランシュネージュでは、約30名様~100名様の




少人数の結婚式をプロデュース




身近に新郎新婦を感じながらのレストランウエディングのような空間で楽しいひとときを




過ごして頂けるよう努力しています




色々なニーズに合わせたサービスをご提供できるように頑張ります




是非ご相談下さい




ではでは
皆さんこんにちわ




昨日はインターナショナルな一日でした深川市内でしかも一つの空間で、方や中国語、そして英語と




ここはどこって言う感じでした




片言の英語を使い、もう頭がフル回転




ブランシュネージュでインターナショナルな結婚式が開かれるのも近いかも




楽しい一日でした




さて今日はどんな一日になるのかな~~~




ではでは
皆さんこんにちわ




今日は天気天気そうそう、近くの学校で運動会が行われています




すごく盛り上がってた感じがしましたよ~~~ん~~~なんか懐かしい~~~




スタートのピストルの音が妙に緊張感をあおりますよね~~~




思い出すと緊張してきます・・・(ちなみに私、足はそんなに早くなかったんです




さ~子供たちに負けず今日も元気にヨ~~~イドンっと




いきま~~す。




ではでは

2009.05.29
さ~て

皆さんこんにちわ




なんででしょう~~~天気がいいとやる気がわいてきます




しかも今日は金曜日




明日も晴れるかな~~~晴れたらいいのに~~~




さ~~~て




頑張るかぁ~~~




ではでは

2009.05.27
よし!

皆さんこんにちわ




寒さがもどってきちゃいましたね・・・




ブランシュネージュで育てている植物に影響がでないか心配ですが・・・




さて、もうすぐ6月気合いを入れて頑張らなくては




ではでは

2009.05.23
情報

皆さんこんにちわ




この間、ふとテレビをつけたら”インフルエンザ”のニュースで




そこで見た光景が、どこかの修学旅行の生徒さんがタクシーの中で食事をしていました




タクシードライバーさんがマックでお買いものそして車内で食事




とても不思議な映像でした学校の規定で外に出てはいけないみたいですが、外に出てるんじゃないかな




と・・・




情報が有り過ぎて、色んな報道もされすぎるのはどうなんでしょう???




ではでは

2009.05.22
新しい仲間

皆さんこんにちわ




本日、ブランシュネージュに新しい仲間が加わりました




ミニトマトくんとトマト君です




20日過ぎると気温も天候もいいという情報をゲットしたので本日植えてみました




さぁ~ちゃんと成長してくれるかしっかり見守りたいと思います




最近は家庭菜園が流行っていますが、皆さんはチャレンジしたことがありますか




ではでは
皆さんこんにちわ




もうすぐ6月になろうとしています6月と言えばJUNEブライド




結婚式の季節ですね




ジューン(June)というのは、ローマ神話の最高女神です。結婚と出産を司るユノー(Juno)に由来しています。





彼女に捧げる月である6月(ジューン)に結婚するジューンブライド~6月の花嫁は、





その守護ゆえに幸せになれるという説となっているそうです




ブランシュネージュで幸せをつかんでみては・・・




ではでは

2009.05.18
外は雨・・・

皆さんこんにちわ



今日はあいにくの雨ですね~~~なんだか心が寂しくなります




週初めの今日は皆さん頑張ってお仕事していますか




さぁ~~~これから一週間のはじまりはじまり




ではでは

2009.05.17
ぷりん

皆さんこんにちわ




この度、深川の街の中にあるブランシュネージュブライダルルーム(深川市2-9-30)にて




プリンの販売をすることになりました




もちろん、深川の道の駅と深川駅は変わらず販売していますよ~~~




お土産に、午後のコーヒーブレイクにお買い求めください




一度食べたら、やめられませんよ~~~




ではでは

2009.05.13
早い・・・

皆さんこんにちわホント一年って早いものですね~~~




あっと言う間に過ぎてしまいました・・・




立ち上げ当初は、どうなるものかと不安な毎日でしたがなんとかここまでたどりつくことができました




まだまだ確立していかなくてはならない部分はいっぱいありますが、これからも頑張ります




皆様方の応援、感謝しつつこれからもどうぞブランシュネージュを宜しくお願い致します。




ではでは
皆さんこんにちわ ゴールデンウィークが終了しましたね~~~




まだ継続中の方もいるとは思いますが、皆さん結構グッタリでは・・・




さ~~~今日からまた皆さん頑張ってくださいね~~~




ちなみに明日はブランシュネージュのゴールデンウィークとなっています




WEEKじゃなく1日休みです土曜日は普通に営業していますよ




ではでは




2009.05.05
後半戦!!

皆さんこんにちわゴールデンウィークも後半戦にさしかかりました




いかがお過ごしですか




今日から帰省ラッシュが始まると思いますが北海道はあまり関係がないかもしれませんね




デッカイドウですから




帰り道、深川に寄ってお食事しませんか




是非ブランシュネージュへ




ではでは
皆さんこんにちわ




都内高速道路では40キロの渋滞だとか・・・




なんだか凄いことになっていますね~~~北海道はどうなるんでしょう・・・




さてさて、飲食・サービス業は休みもなく皆様頑張って働いている事と思います




お疲れ様です




今年のゴールデンウィークは如何でしょうか




天気も良さそうだし楽しみに来られたお客様を今日も満足させたいと思います




がんばりましょう~~~




ではでは

2009.05.01
お休み!!

皆さんこんにちわ




お休みを満喫していますかまだこれからという方も沢山いらっしゃるとは思いますが




楽しい時間を過ごして下さいね~~~




高速道路は結構渋滞しているのかな~~~




お腹がすいたら、深川に立ち寄りブランシュネージュに寄ってみて下さいね~~~




美味しい料理が待っていますよ~~~




ではでは

2009.04.30
ミント

皆さんこんにちわ




うちのかわいいミントが顔を出しはじめました。





ホントかわいいですね~~~植物が顔を出す瞬間って




今年はがんがん色んなものを植えていきたいと思っています




皆さんは何か植えたことありますか最近は家庭菜園が流行ってきていますよね~~~




頑張ります




ではでは
皆さんこんにちわ




もうすぐ一周年です前回もお知らせしましたが5月10日~5月17日の7日間




ブランシュネージュのセットメニューにはデザートが付いています(お一人様一品)




是非、お試しください皆様のご来店心よりお待ちしています。




さてとゴールデンウィークはじまりはじまり・・・




ではでは

2009.04.22
わさび

皆さんこんにちわ




春の野菜の1つとして山わさびがあります




通常のわさびとは色も、すりおろした形も全然違いますが味は、つぅ~~~んとくる感じは




大体同じですよね(私は非常に大好きです




外国人は本当にわさびが好きで、外国で日本料理店に行くと山盛りのわさびを付けながら



お寿司などを食べている風景をよく目にします




皆さんはホースラディッシュって聞いたことありますか




西洋のわさびなんですつん~~~っとくる感じはあまりありませんが、あれはわさびですね~~~




西洋わさびには、わさびの香りとほのかな甘みが感じられ、ローストビーフにはベストマッチです




是非一度、おためしください食べたことのある方も、たまに楽しんでみては




ではでは

2009.04.17
GW

皆さんこんにちわ




世の中はもうすぐゴールデンウィークとなっています




皆さんのご予定はいかがですか高速道路も1000円という事であちらこちらと行動範囲が




広くなるのではと予想はされています




そのご予定の一つにブランシュネージュでお食事なんてのも入れてくれたら嬉しいですね~~~




お待ちしています




ではでは
皆さんこんにちわ




5月10日から5月17日までの期間、ブランシュネージュのセットメニューをご注文頂いたお客様に




なんと”デザート”を無料サービス




かなりのお得感があると思います  うんうん・・・あるとおもいます





皆様のご来店心よりお待ちしています




では前回に引き続き店内の写真を載せちゃいます




今回は会場内をご紹介





個室のご紹介もしていきますのでお楽しみに




ではでは

皆さんこんにちわ




なんだか今日は寒~~~いですね~~~




今日はブランシュネージュ探検ツアーです




では始めに外観全体に白をベースとした光り眩しいルックス


では店内へこちらがレストランスペースとなっています個室もあるんですよ~~~


こちらはミニ教会


今日はここまで~~~




ではでは

 

2009.04.12
英語

皆さんこんにちわ




昨日はカナダ出身のお客様とアメリカ出身のお客様が来店されました




つたない英語でなんとか頑張りましたが




自分のスキルの無さにガッカリ・・・




もっと勉強しないとだめですね~~~




頑張るぞ~~~




ではでは
皆さんこんにちわ




今日はニュース&トピックスでお知らせしたうちのブルーベリー&ラズベリーについてです




一昨年に購入し、お世話になっている農家さん宅で栽培をしていましたが




去年ブランシュネージュの敷地内に移植し、大丈夫か心配していました




元気な姿でした      やったぁ~~~(アメリカのドラマヒーローズのパクリ・・・)




嬉しくなりますね~~~




さぁ~今年の収穫時にはどんなデザートが完成するでしょう




期待にお腹を減らしながら、待っていて下さいね
        ↑
(ニアンスわかりますかね?)




ではでは






2009.04.08

皆さんこんにちわ




やっと春がきましたね~~~




農家さんが忙しくなってくる時期ですっと言う事は、今年の新たな食材が生まれる時期




農家さん頑張ってくださいねいつも感謝しています




さて話は変わりますが、この時期タイヤ交換するタイミングがわかりません・・・




皆さんは、何を目安に交換していますか(もちろん天気重視だとは思いますが・・・)




アスファルトが出た路面でタイヤの音が気になって気になって(すり減ってる気が・・・貧乏性かも・・・



もう変えてもいいのかな~~~




ではでは
皆さんこんにちわ本日はいかがお過ごしでしょうか




昨日、ブランシュネージュでは結婚式が行われました




すごくアットホームで、二人の温かさ人柄が沢山感じられる結婚式となりました




本当におめでとうございますいつまでもお幸せに




ブライダル業界で働くと、お客様からたくさんの感動を頂けます




私たちもお客様に感動をご提供出来るよう、また頑張っていきたいと思います




皆様、これからもブランシュネージュを宜しくお願い致します




ではでは
PS・・・・・昨日の新婦さんの妹さんのサプライズ、感動









皆さんこんにちわ




今日は快晴ですね~~~はっぴ~はっぴ~




さて、今週末もwedding dayのため終日貸切となります




前回の結婚式ではブランシュカメラが大活躍




4面に映し出される映像は、お客様にも好評でした




皆さんどこにカメラがあるのか不思議そうにキョロキョロ




さ~どこにあるか探しましょう




ではでは

2009.03.29
昨日は結婚式

皆さんこんにちわ




昨日は結婚式がありました




新郎新婦さんはとても素敵な方々でとても心あたたまる結婚式となりました




本当におめでとうございます




いつまでもお幸せに




ではでは




ちなみに今日から高速道路が安くなりますね~~~(土日祝日に限りますが・・・ETC限定ですが・・・)




ドライブ日和の今日は皆さんお出かけかな~~~
皆さんこんにちわ




今日は駅前にあるブランシュネージュのブライダルルームをご紹介




ブランシュネージュはレストランと結婚式のご案内場が別になっています




駅前(深川市2条9番30号)にあるのが結婚式についてご案内する場所で




中には沢山のドレス、ご説明の資料、結婚式に関するアイテムがいっぱい




皆様を幸せにする準備が整っております




是非一度、ご来店ください




今日、ショウウィンドーに飾ってある新作ドレスは




純白のウェディングドレスとパープルのカクテルドレス




素敵ですよ~~~きっと目を引くはず




ではでは
皆さんこんにちわ




今日はブランシュネージュの店内(宴会場)のご説明をします




会場内は約150名様対応となっております




中にはプロジェクター4台、カメラ1台、スポットライト、LEDテーブルランプなどご用意




演出には充実したアイテムがいっぱいとなっております




是非一度、ご利用&ご覧下さい




ではでは
皆さんこんにちわ




本当に好い天気ですね~~~




祝日である今日はいかがお過ごしでしょうか




さて、タイトルにしました”グラタンが大人気”ですが・・・




本当に皆様にご愛食いただいております




ちなみに”魚介のグラタンとなっております




中には、イカやホタテ、・・・や・・・です食べてからのお楽しみです




ん~~~宝探しみたいですね・・・まっままさに”グラタンの宝石箱や~~~”うっうん・・・




しっし失礼しました・・・




是非、ご賞味あれ




ではでは

2009.03.12
海外の結婚式

皆さんこんにちわ




今日は私の体験談”海外の結婚式”について簡単にご紹介します




友人はシアトル出身で、学校の先生(ELT)として日本で仕事をしていました




その彼が、帰国後に結婚するという事を聞き内緒でシアトルまで私が行ってしまいました・・・




シアトルでの結婚式に参加して感じた事が、ほとんど自分達の手作り結婚式ということでした




教会を借りて牧師さんは新郎の親族、オルガニスト&歌も親族、全て親族で進行していました




教会式のあとのパーティーも、新郎のお兄さんが進行していました。




スタイルは立食で、皆さん新郎新婦を交えながら会話を楽しむといった感じです




新郎のお父さんなんてパーティー会場のキッチンでリブステーキを焼いていたんですよ~




ホント驚き&ハッピーな気持ちにさせてくれました




とても和やかで一つの枠にとらわれないスタイル




日本とは、やはり違った空間だな~と感じました




私達も暖かい結婚式、枠にとらわれない結婚式も頭に入れながら




素敵な演出をしていきたいと思います




ではでは




レストランスタッフのお腹が鳴る瞬間はまさにこの時なのです!


今日からぞくぞくと登場している新メニューに「私たちが食べた~い」と



お腹を鳴らして仕事をしています(笑)



数に限りがある為「早い者勝ち!」にはなりますが、是非一度、隠れメニューをご賞味下さい



                                                                                                                                                                                                                                                                        
  トマトと生ハムのスパゲティー
サーモンのクリームパスタが期間限定で登場しました。



また更に新メニューが加わるかも・・・




「数に限りがありますのでお早めに」皆様のご来店心よりお待ちしています。





  サーモンのクリームスパゲティー

お問い合わせ・お見積もり

ウエディング&フレンチレストラン「ブランシュネージュ」
TEL.0164-26-2880
ランチ 11:30~15:00(14:00 ラストオーダー)
ディナー 17:00~21:00(19:00 ラストオーダー)

〒074-0014 北海道深川市開西町2丁目8番38号
定休日:毎週火曜日(祝・祭日を除く)